My Yahoo!に追加

☆I LOVE BOSTON☆

Bostonに語学留学していた頃の日記です。ただいまコメント・トラックバックは受け付けておりませんので、よろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アリゾナ旅行記第四弾

最終日。

早起きをして、セドナの朝日を見に行きました

あまり寝ていなかったけれど、疲れはありませんでした。

日の出時刻の30分ほど前に行き、
岩の上に座って静かに日の出の瞬間を待ちました。

待っている間に、気球が浮かんでいるのが見えました。

DSCF3174.jpg

そして、いよいよ地平線から太陽が徐々に姿を現します。
とてもパワフルで美しい!!

DSCF3195-2.jpg

しばらくの間、じっと眺めていました。ずっと見ていたいほど気持ち良かったです。
沢山エネルギーをもらった気がします。

私は父より1日早く、その日の便で帰らなければならなかった為、
少しドライブして、そのまま空港へと向かいました。

今回の旅は急に決まったこともあり、少し慌しかったので、
今度来るときは、もっとゆっくり色んなところを巡ってみたいです。

とても楽しい旅でしたオレンジハート

絶対また行きます!!



blogランキングに参加し始めました。
1日1回ポチっとクリックして頂けると嬉しいです四葉

にほんブログ村 海外生活ブログへ   blog ranking2

いつも応援ありがとうございますjumee☆LoVe9
皆様のクリックが、とても励みになっていますスマイルちゃん
スポンサーサイト
テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報
アリゾナ旅行記第三弾

3日目は、Sedona(セドナ)へ行ってきました。

パワースポットとしても有名で、何年も前から行ってみたかった憧れの地です

セドナへ来た途端、赤い岩山が目に飛び込んできます。

DSCF3119_edited.jpg

セドナには、簡単なものから難しいものまで、大小様々な無数のトレイルがあります。

DSCF3120.jpg

また「ヴォルテックス」と呼ばれる、大地から強いエネルギーが放出されている場所や、
ネイティブアメリカンの遺跡もあります。

街を歩いていると、ジュニパーのとっても良い香りがしました。

こんな変わったサボテンたちも沢山いました

DSCF3140.jpg

写真を撮ることに集中するあまり、
サボテンの針に刺さってしまい、とても痛かったです・・・

今回は時間の関係でヴォルテックスの周りを少し回るぐらいしか出来なかったので、
次回はもっと沢山のトレイルを歩いたり、岩の頂上まで登ってみたいと思いますyukiyama01


夜は、ネイティブアメリカンの伝統儀式である「スウェットロッジ」に参加しました。
これは、身体・心・魂の浄化と統合を目的とした、ネイティブアメリカンの儀式です。

子宮に見立てた半円形のテントの中に焼石を入れ、
そこに水を注いで蒸気が舞い上がる中、皆で歌ったり、太鼓の鳴り響く音を聴き、
想いを分かち合ったり励ましあうことで、癒されるという儀式です。

ドームの中は真っ暗で何も見えません。
また蒸気でサウナのように暑く、沢山の汗とともに、毒素を出していきます。

終わった後はとてもスッキリして、まさに「再誕生」
生まれ変わったような感じでした

またその日は新月だった為、更にパワフルで、
とてもキレイな満点の星空を眺めることが出来ました

更に、この日はペルセウス座流星群出現のピークと重なっていて、
流れ星を沢山見ることが出来て、感動でした



blogランキングに参加し始めました。
1日1回ポチっとクリックして頂けると嬉しいです四葉

にほんブログ村 海外生活ブログへ   blog ranking2

いつも応援ありがとうございますjumee☆LoVe9
皆様のクリックが、とても励みになっていますスマイルちゃん
テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報
アリゾナ旅行記第二弾

2日目は、朝からレンタカーを走らせグランド・キャニオンへ。

フェニックスからは車で3時間半ほどで到着します。

DSCF3074.jpg

グランド・キャニオンは、コロラド川によって侵食された峡谷で、
世界遺産にも登録されています。

360度どこから見ても、巨大な峡谷が目の前に広がります。

DSCF3076.jpg

こんなに巨大な峡谷、一体どうやって出来たのだろう
自然の力はすごいです。

Wikipediaによると、
グランドキャニオンの起源は今から7000万年前まで遡るそうです。
そして、約4000万年前にコロラド川による侵食が始まり、
現在見られるような峡谷になったのは、約200万年前。
今もなお侵食は続いており、最古でおよそ20億年前の地層を侵食していると言われているそう。
平均深度はおよそ1200m・長さ446km・幅6km~29km・最深地点は1800mだそうです。
これだけでも、いかに大きいかが想像して頂けると思います。

ただただスゴイ!としか言い現しようがなく、息を呑むばかりでした。

グランドキャニオン国立公園内には、
沢山の種類の植物や鳥類・哺乳類・爬虫類・両生類・魚類が生息しています。

グランドキャニオンにはノース・リム (North Rim) とサウス・リム (South Rim) があるのですが、
私たちは観光の中心となるサウスリムの方に行ってきました。

公園内には無料のシャトルバスが3路線走っており、好きな所で乗り降り出来ました。
車が入ることが出来ないところも、シャトルバスを使って回ることが出来ます。

ヨセミテ国立公園と同様、公園に入るときに料金を取られますが(最小単位が7日から)
ゆっくりキャンプをするのにとても良い場所だと思います草原

自然の偉大さに圧倒されました山と空



blogランキングに参加し始めました。
1日1回ポチっとクリックして頂けると嬉しいです四葉

にほんブログ村 海外生活ブログへ   blog ranking2

いつも応援ありがとうございますjumee☆LoVe9
皆様のクリックが、とても励みになっていますスマイルちゃん
アリゾナ州旅行記第一弾

父の出張について、アリゾナ州に行ってきました

まずは場所の説明から。
アリゾナ州は、カリフォルニア州の東・メキシコの北に位置しています。
map_USA-J1_edited.jpg

今回は直行便ではなく、テネシー州のMEMPHISという所で乗り換えました。

メンフィス空港に着くと、沢山のエルヴィス・プレスリーグッズが出迎えてくれました。

DSCF3066.jpg    DSCF3067.jpg

どうやらエルヴィスは、13歳の時に一家でメンフィスに引っ越してきたようです。

お昼ごろに目的地のPhoenix空港に到着し、そのままホテルへ。

外へ出た瞬間に、熱風が吹き付けてきました。

この日は父が仕事があったので、私は一人ホテルでお留守番。

一人で観光にでも行こうかと思いましたが、ホテルの周りには何も無く、
また日本やボストンと違ってあまり交通機関が発達していないので、
車がないとどこにも行けませんでした。

結局1日目は何もしないまま、熱風の吹きつけるフェニックスでの夜は更けていきました・・・夜空

PART②へ続く。



blogランキングに参加しています。
1日1回ポチっとクリックして頂けると嬉しいです四葉

にほんブログ村 海外生活ブログへ   blog ranking2

いつも応援ありがとうございますjumee☆LoVe9
皆様のクリックが、とても励みになっていますスマイルちゃん
テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。